ERPパッケージ

ERPパッケージとは、ERP(Enterprise Resource Plannning)のパッケージシステムのことで、「イーアールピーパッケージ」と読みます。

本来、ERPとは企業が持つ経営資源(「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」)を一か所に集めて管理(一元管理)し、経営活動のために有効活用するという考え方。パッケージは、ある目的を達成するための「ソフトウェア製品」を指していますが現在では「ERPパッケージ=ERP」と呼ぶことも多いようです。

ERPパッケージは、企業の業務の中核となることから、別名「基幹業務システム」、「統合基幹パッケージ」とも呼ばれており、その範囲は商品の受注から、生産、出荷にいたるまで、サプライチェーン管理と会計機能などの計数管理。近年では、それらに加えて人事管理や労務管理機能などを付加した、オールインワン型のパッケージも存在します。

ERPパッケージには、企業経営に必要なすべての機能やデータが一元管理されているので、販売・製造・経理・資産・債権債務・人事給与などを別々のパッケージや自社で開発したソフトウェアを使っている場合と比べて、無駄なく管理することができ、企業の経営効率を高めることが可能です。

数多くのベンダーがERPパッケージを販売しているため、自社の形態にあったパッケージを選んでいくことが大切です。

クラウドERP「GRANDIT miraimil」に
関するご相談はこちら

メールでは伝えにくいご相談については、
オンラインでのWEB面談を実施しております。