セグメント

セグメントとは、「断片」という意味ですが、経営用語などではデータ分析を行う際にデータを「地域」、「取引先」、「商品」などに分けて分析する時の分析軸といった意味を持ちます。企業内部の財務情報を「事業」「部門」「地域」などに分けてBIツールなどを使って自動的に集計する際に使用します。

前述の「地域」、「取引先」、「商品」、「事業」「部門」「地域」といった一般的なものから、企業ごとの事業戦略を反映したものまで、その分析軸は千差万別なので、変化の激しい現代ではデータにどのような属性が柔軟に付加できるかがとても重要です。

このような「セグメント」を使って企業内のデータをBIツールで分析することで、企業に蓄積されている膨大なデータを見える化することで、それぞれのセグメントに適した事業活動を行うことができます。

従来は大量生産・大量販売を前提とした画一的な事業活動が主流でしたが、昨今の人々のニーズが多様化していく中で、各セグメント向けに、それぞれのニーズにあった製品開発、販売、プロモーション活動を行うことが重要視されています。

クラウドERP「GRANDIT miraimil」に
関するご相談はこちら

メールでは伝えにくいご相談については、
オンラインでのWEB面談を実施しております。