DX

DXは、デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)の略称で、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念です。 2004年にウメオ大学(スウェーデン)のエリック・ストルターマン教授によって提唱されたと言われています。

ビジネス用語としてのDXに確立された定義はないものの、2018年12月に経済産業省が発行した「『DX推進指標』とそのガイダンス」の中では、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義されています。

このようにIT用語の中で紹介される機会が多いのと、今の時代は何を行うにしてもITを無視できないので、IT化の一つの考え方のように感じる方も多いかもしれませんが、実は社会の変革につながるような、新たなビジネスやサービスの仕組みを創出する際にITを活用して実現するといったほうが近いかも知れません。

クラウドERP「GRANDIT miraimil」に
関するご相談はこちら

メールでは伝えにくいご相談については、
オンラインでのWEB面談を実施しております。