インボイス

インボイスは、「invoice」と書き、「送り状」と呼ばれるもので、輸出者が海外に貨物を発送する場合には、かならずこのインボイスを発行しなければなりません。

インボイスには、輸出貨物の記号、商品名、数量、契約条件、単価、仕向人、仕向地、代金支払い方法などが記載されています。通関手続きに必要な書類で、他にもB/Lなどが必要になります。

インボイスには、輸出取引に関するあらゆる情報が記載されており、契約を交わした内容にしたがって、荷物が納品されているかどうかを確認する重要な書類で、輸入側は受け取ったインボイスが税金に関わることもあり、輸出側は正確に記載することがとても大切になります。

インボイスには、以下のような項目の記載が必要です。

  • (1)輸出者情報
  • (2)インボイス番号[INVOICE NO.]
  • (3)作成年月日[DATE]
  • (4)品名[INVOICE OF]
  • (5)船名[SHIPPED PER]
  • (6)出港予定日[ON OR ABOUT]
  • (7)出港地FROM]
  • (8)仕向地[TO]
  • (9)輸入者名、住所[MESSRS]
  • (10)支払条件[PAYMENT]
  • (11)ケースマーク[MARKS & NOS.]
  • (12)品名[DESCRIPTION OF GOODS]
  • (13)数量[QUANTITY]
  • (14)単価[UNIT PRICE]
  • (15)金額[AMOUNT]
  • (16)建値(取引条件)
  • (17)無償[SAMPLES…….]
  • (18)原産地[COUNTRY OF ORIGIN]
  • (19)署名欄

近年、「インボイス制度」が注目されており、似ているので混同しがちですが、こちらは仕入税額控除(課税売上から課税仕入に関する消費税を控除すること)を受けるための新たな制度です。

クラウドERP「GRANDIT miraimil」に
関するご相談はこちら

メールでは伝えにくいご相談については、
オンラインでのWEB面談を実施しております。