SSD

SSDとは、「Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)」の略で、外部記憶装置(ストレージ)の一種です。

通常のストレージ(ハード・ディスク・ドライブ、HDD)は、磁性体を塗布した円盤に情報を記録し読み出す記憶装置だが、SSDはSolid State(半導体メモリー)上に情報を記録し読み出す方式です。前者のHDDは衝撃や外部からの磁気などにより、装置が損傷したり、データが失われる可能性が高かったが、SSDは衝撃や磁気には比較的強いです。最大の特徴はアクセス速度が高速なため、データベースなどをSSD化すると大幅な高速化が期待できる点です。デメリットはデータの書き込みを行うごとに半導体素子が劣化するため、同容量のHDDと比べて寿命が短く、高価なことです。
価格については、近年フラッシュメモリーの大容量化に伴い低価格化が進んでいます。

クラウドERP「GRANDIT miraimil」に
関するご相談はこちら

メールでは伝えにくいご相談については、
オンラインでのWEB面談を実施しております。