サブスクリプション

サブスクリプション(subscription)は、ユーザーに対して製品やサービスを一定期間ごと、一定料金で利用できる権利を提供するビジネスモデルで「サブスク」と省略して使われることもあります。

従来は製品を購入し、その対価を支払うといった販売形態が一般的でしたが、サブスクリプションは、パソコンのソフトウェアや、音楽、映画などのデジタルコンテンツなどを中心に、その範囲を拡大しており、現在では洋服、自動車、家具など製品の利用や、飲食店や美容室といった、さまざまな製品やサービスに取り入れられており、身近な存在になりつつあります。

サブスクリプションのメリットは、初期費用が比較的安価で利用しやすいことやソフトウェアのバージョンアップや自動車のメンテナンスや税金など必要なサービスなどが一つにパッケージされている点、そして、使い放題や不要になったらいつでもやめられる点などがあげられます。

一方、デメリットとしては、提供されている製品・サービスが事業者の都合で利用できなくなる可能性があり、その場合は手元に何も残らない点や契約を解除するまでは利用してもしなくても利用料が発生し続ける点などが挙げられます。
例えば、音楽ダウンロードや書籍の読み放題サブスクリプションの場合、契約解除後はダウンロードしたコンテンツが利用できなくなるといった点です。
利用条件はサービスによって異なるので、事前に十分に確認する必要があります。

関連用語

クラウドERP「GRANDIT miraimil」に
関するご相談はこちら

メールでは伝えにくいご相談については、
オンラインでのWEB面談を実施しております。