GRANDIT miraimil グループ展開サービス

電帳法改正対応のポイント

GRANDIT、GRANDIT miraimilのグループ導入についてさらに詳しく知りたい方はこちら

GRANDIT miraimilは、グループ共通の基幹システムとして利用できるクラウドERPです。
GRANDIT miraimilで解決!
  • グループで利用する基幹システムは、全てクラウド環境で運用する事ができ、グループ全体のシステム運用負荷が軽減できます。
  • グループ会社で共通的に利用するマスタ(取引先、勘定科目など)は、グループ各社に自動転送され、マスタの二重入力が不要になります。
  • グループ各社で共通化できるバックオフィス業務の標準化、効率化に貢献します。
  • グループBIを用いてグループ全体の実績を即座に把握できるようになります。
Point1

クラウドERPでグループ全体のシステム運用負荷を軽減

グループ各社のバックオフィス業務に関する運用は、全てアウトソースできます。業務システム運用で必要となる法改正対応、バージョンアップ対応等の手間から解放されます。
また、グループ各社で使用するマスタは、各社環境に自動転送する運用も選択可能です。システム稼働していく上で必要なメンテナンス負荷を軽減します。

Point2

グループ共通業務の標準化・効率化

会計業務などグループ全体で共通化できる業務は、利用するシステムを統一することで標準化できます。
グループ内の人事ローテーションが活性化され、ローテーションに伴う業務引継ぎ工数、時間を軽減します。

Point3

グループ全体の業績を即時に把握可能

グループBIでは、グループ各社で利用したmiraimilの実績データを統合管理できます。
グループ内の実績を多様な角度で分析が行え、グループ経営の意思決定を早期化します。

GRANDIT+GRANDIT miraimilによるグループ展開

グループ内の基幹システムとしてGRANDITを採用した場合、ノンカスタマイズ導入可能な企業はGRANDIT miraimil、一部業務にアドオンカスタマイズが必要な企業はGRANDIT、といったGRANDIT及びGRANDIT miraimilを組み合わせた導入が可能です。
グループ各社の企業規模・要件に応じ、GRANDITサービスを組み合わせることで、グループ展開に伴う導入期間を大幅に短縮します。

パターン①
1層ERP:GRANDIT、2層ERP:miraimilを組み合わせたシステム構成

パターン②
1層ERP:大企業向けERP、2層ERP:GRANDIT、3層ERP:miraimilを組み合わたシステム構成

GRANDIT、GRANDIT miraimilのグループ導入についてさらに詳しく知りたい方はこちら

必須

サービス利用規約をご確認の上、送信ボタンを押してください。

クラウドERP「GRANDIT miraimil」に
関するご相談はこちら

メールでは伝えにくいご相談については、
オンラインでのWEB面談を実施しております。