プロジェクト管理業務を効率化する『プロジェクト原価管理』

プロジェクト原価管理

GRANDIT miraimil『プロジェクト原価管理』は情報サービス業、広告代理店業、その他プロジェクト管理が必要なサービス業などで必要な案件ごとのプロジェクト原価管理のお悩みを解決するモジュールです。
標準機能に追加することでERP機能を拡張。受発注~工事進行基準の進捗売上、実行予算管理が一体化したシームレスでムリ、ムダを排除した個別原価管理を実現。リアルタイム処理でプロジェクト収支管理や不採算プロジェクトの把握が格段に速くなります。
Point1

プロジェクト別収支管理・工事進行基準に対応

ERP「GRANDIT」で実績のある、情報サービス業、工事建設業、広告代理店業のプロジェクト管理に特化した機能搭載。業務上の負担が大きく、中小企業でシステム化が難しかったプロジェクト別収支管理・工事進行基準に対応。データ入力を分散、処理を自動化することで経理担当者の業務負荷を大幅に低減します。
  • 案件単位の要員山積みに対応
  • 工事進行基準での会計計上に対応
  • 実行予算の設定、収支管理に対応 など
Point2

プロジェクト進捗状況をリアルタイムで確認し、迅速な対策が可能

データのリアルタイム管理が可能なGRANDIT miraimil上でプロジェクト進捗管理、集計した実績を元に予実対比を行う事ができます。データによる差異分析にもとづいた迅速な対策が可能。不採算プロジェクトの早期把握が可能になり、経営スピード、正確性がアップします。
  • プロジェクト開始からの実績、実行予算、見込、差異の照会に対応
  • 費目別の実績値の確認に対応
  • 月別実績データの出力に対応 など
Point3

使い慣れた表計算ソフトを利用でき、業務効率がアップ

表計算ソフトで作成した実行予算の取り込み機能などを標準搭載。システムへの取り込み、データ登録作業、承認作業等の周辺業務の負荷も軽減します。
  • 表計算ソフトで作成した実行予算を取込可能
  • 取り込んだ実行予算について電子承認(ワークフロー)も利用可能 など

同じプロジェクトの各種伝票や工数をまとめて管理

こんな業種におすすめ!

全体システム構成図

承認ワークフロー

※ プロジェクト原価管理を利用するには販売、調達在庫、債権、債務、経理モジュールが必要です。

「プロジェクト原価管理」に関する資料請求、お問い合わせはこちら

クラウドERP「GRANDIT miraimil」に
関するご相談はこちら

メールでは伝えにくいご相談については、
オンラインでのWEB面談を実施しております。