グループ経営

グループ経営とは、子会社や関連会社を含めた「企業グループ」を構成し、企業活動を進める経営モデルでそのメリット、デメリットは以下のようなものです。

(グループ経営のメリット)
・経営判断の権限を委譲することで意思決定がスピーディーになる
・複数の企業に分かれていることで経営リスクを分散できる
・従業員により高い職責を与えることでモチベーションアップや労働環境の改善ができる
・事業をコンパクトに分割することでM&A対策ができる

(グループ経営のデメリット)
・グループ企業間の対立や不正隠蔽の可能性が高くなる
・会社ごとに管理部門を設置すると企業の維持コストが増加する
・社長、取締役など経営レベルの業務ができる人材が多く必要になる

また、グループ経営というと、大企業の企業グループを想像しがちですが、近年ではリスク分散や経営効率化の観点からグループ経営を行う企業も増えています。

関連用語

クラウドERP「GRANDIT miraimil」に
関するご相談はこちら

メールでは伝えにくいご相談については、
オンラインでのWEB面談を実施しております。