IT統制

IT統制とは、企業の内部統制の一つであり、ITを利用した情報システムに関連するものです。

ITを利用することにより、財務報告に係る内部統制は、効率的かつ正確な処理が可能となりますが、一方で入力したデータの処理や人間が介入する際のオペレーションなどに対して、適切な内部統制が組み込まれていないと、誤ったデータが正しいものとして処理されてしまったり、改ざんが行われたりする可能性があり、結果として財務報告の信頼性が保証されなくなる恐れがあります。

内部統制にITの利用は必須ではないものの、現在多くの企業の業務プロセスやマネジメントシステムはITに大きく依存しているため、IT統制により組織内でのITの適正な整備と運用が求められています。

IT統制は、IT全社的統制、IT全般統制、IT業務処理統制の三段階で構成されています。

IT全社的統制は、企業の統制が全体として有効に機能する環境を保証するためのITに関連する方針と手続等、情報システムを含む内部統制のことです。

IT全般統制は、業務処理統制が有効に機能する環境を保証するための統制活動を意味しています。通常、複数の業務処理に関係する方針と手続のうち、IT基盤を単位として構築する内部統制です。

IT業務処理統制は、業務を管理するシステムにおいて、承認された業務がすべて正確に処理、記録されることを担保するために業務プロセスに組み込まれたITに係る内部統制です。

関連用語

クラウドERP「GRANDIT miraimil」に
関するご相談はこちら

メールでは伝えにくいご相談については、
オンラインでのWEB面談を実施しております。