クラウドERPサービス導入につかえるIT導入補助金2022

IT導入補助金2022、クラウドEPR導入補助額450万円交付

補助金申請書と考える男性の画像

補助金知識をもつ
中小企業診断士が
丁寧にサポート

納税証明書、履歴事項全部証明書のお取り寄せ
採択されやすくなる「加点ポイント」を助言

IT導入補助金の内容や申請手続きの内容についてまとめたサポートガイドを配布中!

IT導入補助金とは?

IT導入補助金とは、中小企業の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで業務効率化・売上アップをサポートする公的な補助金です。
本補助金を通じてクラウドERPサービスGRANDIT miraimilの導入をご支援いたします。
また補助金知識をもつ中小企業診断士が申請時のポイントや注意点などのノウハウを活用し、お客様を丁寧にサポートさせていただきます。

GRANDIT miraimilに使える通常枠(B類型)

通常枠(A・B類型)の表と承認ワークフロー

どんなクラウドサービスが補助対象になりますか?

IT導入補助金は、システム導入するITツールの機能範囲によって補助率や補助金の上限が変わってきます。
GRANDIT miraimilは、A類型(単一機能)またはB類型(4つ以上の機能)の2種類のうちどちらか一方で申請いただくことが可能です。B類型の方がシステム導入による業務効率アップの効果が大きく、補助率や補助金額が大きいですが、採択率は高くないのできめ細かく丁寧な申請を心げけましょう。弊社には公的補助金の専門相談員がおりますので、お気軽にお声がけください。
※IT導入補助金におけるITツールの機能範囲のことを公募要領のなかで「業務プロセス」と呼称しています。

B類型の補助金額の算出例

B類型の補助金額の算出例の説明図

どれくらいの金額の補助を受けられますか?

B類型に申請し採択された場合には、補助率1/2、補助金の上限450万円までの金額を補助金として受け取ることができます。またクラウドサービス利用料のうち最大で12ヶ月分まで補助を受けることができ、環境構築費用などについても補助対象となります。

IT導入補助金2022 申請手続きの流れと弊社サポートサービス

IT導入補助金の申請手続きの流れと弊社サポートサービスの流れ

IT導入補助金申請サポートガイド【無料】

IT導入補助金の内容や申請手続きの内容についてまとめたサポートガイドを配布中です。「IT導入補助金の種類や金額について知りたい」、「申請手続きの内容を事前に確認したい」などお悩みの方に無料でお配りしてますので、是非ご活用ください!

お問い合わせ

必須

IT補助金申請についてのお問い合わせやご相談、弊社サポートなどをご希望の場合には、こちらに記載お願い致します。

必須

「個人情報の利用について」への同意が必要です。内容をご確認の上、同意いただける場合「同意する」にチェックをして「同意して送信する」をクリックしてください。

【最初の1歩】補助金申請はGビズIDプライムの取得が必須です(手続きに時間がかかります)

IT導入補助金2022では暫定GビズIDプライムの特例は使えません。gBizIDプライムについてのお問合せは、直接GビズIDの窓口までお願いします。

0570-023-797 【受付時間】9:00~17:00
(土・日・祝日、年末年始を除く)

未取得の方は急いで下記のボタンから取得をお願いします。
(約1週間かかります)。登録完了後にメールで届きますので、念のため迷惑メールフォルダーもご確認ください。

Point !
ID取得までに必須な書類や認証ツール
納税証明書

市役所にて代表者本人によるお手続きが確実です。

※左記のWEB画面からの申請も代表者本人を想定しており、予備認証コードとして代表者の生年月日などを入力する欄もあります。

履歴事項全部証明書(発行から3ヶ月以内)

郵送で原本送付する必要があり、発行から3ヶ月を過ぎた証明書を送付すると2~3週間後に再送要求の郵便が届きます。

スマートフォン

WEBから申請後に事務局からSMS認証番号が届きその番号をWEBに登録しないと先に進めない仕組みになっています。

採択されやすくなる申請のご支援

交付申請基本情報入力画面のサンプル
Point !
過去のIT補助金の交付の有無

過去の補助金交付の記録は必ず確認

申請する業務プロセスの確認

例えば、過去に「販売支援プロセス」の交付を受けたのに、再度同じプロセスの申請をすると、前回補助を受けたITツールで効果を出せていないという評価を受けやすくなります。

当社のご支援

過去交付と同じ業務プロセスの申請の際は、前回とは違う「別の事業」、「別の拠点」向けである
など近隣のフリーテキスト欄に工夫して記載できますので、弊社にて助言させていただきます。

交付申請IPA SECURITY ACTION照会画面のサンプル
Point !
SECURITY ACTION自己宣言IDの事前取得

宣言IDの事前取得がないと補助金の申請が完了できない仕組みになっています。

自己宣言(★ 一つ星)
  • - OSやソフトを常に最新化
  • - ウイルス対策ソフト導入
  • - パスワードを強化
  • - 共有設定を見直す
  • - 脅威攻撃の手口を知る
自己宣言(★★ 二つ星)
  • - 自社のセキュリティ診断
  • - 自社のセキュリティポリシー策定
当社のご支援

お客様の現状をヒヤリングさせていただき、どの種類の宣言が適切かを助言させていただきます。

交付申請経営状況についての入力画面のサンプル
Point !
自社の課題×改善目標の整合性

自社の強み・弱み、自社のIT活用状況・とりまく環境などのアンケートが20~25問程度あります。
「自社の弱み+環境」を「申請するITツール」で改善可能な内容になっていることが加点ポイントになります。

当社のご支援

記載内容の一貫性などを当社で確認し、修正したほうが加点につながる箇所を助言させていただきます。

Q. 自社の顧客管理の環境は?
A. 顧客状況を把握できていないのでIT化を考えたい
一貫性
Q. 補助金で強化したい部門や業務内容は?
A. 営業など顧客と接する部門・業務
賃金引上げ計画表明に関する選択画面のサンプル
Point !
賃金引上げ計画の目標値

<A型は加点ポイント、B型は必須要件>

  1. ①給与支給総額※を1.5%以上増加すること

    ※給料、賃金、賞与及び役員報酬等
    福利厚生費、法定福利費や退職金は除く

  2. ②事業場内最低賃金を
    地域別最低賃金+30円以上の水準にする
従業員への賃金引上げ計画の表明が監査で虚偽と判明した場合どうなる?

表明が必須条件のB型のような申請枠の場合、交付された補助金の全額返還あるいは一部返還となる場合があります。

賃金引上げ計画表明の書類のサンプル
Point !
当社のご支援
労使間で誤解を招かない表明方法に関する助言
賃金引上げは生産性向上とセット
生産性向上による賃金引上げ宣言であることを明記
1人当たりの給与支給総額アップを約束するものでないことを明記
交付された補助金の全額返還あるいは一部返還がとなる場合があります。
従業員代表者の署名・捺印
監査が入った際に、表明を行ったことを示す有力なエビデンスになります

資料ダウンロード&お問い合わせ

IT導入補助金の内容や申請手続きの内容についてまとめたサポートガイドを配布中!
ご相談やサポートをご希望の方はお問合せフォームへ。

IT導入補助金サポートガイド 資料をダウンロード
クラウドERP「GRANDIT miraimil」に
関するご相談はこちら

メールでは伝えにくいご相談については、
オンラインでのWEB面談を実施しております。